平成26年1月から、白色申告の方も記帳と帳簿書類の保存が必要となりました。

・記帳する内容 ・・ 売上などの収入金額、仕入やその他の必要経費に関する事項

・帳簿等の保存 ・・ 収入金額や必要経費を記載した帳簿や取引の際に作成受領した納品書、請求書、領収書など。

記帳・帳簿等の保存制度や記帳内容の詳細は、国税庁ホームページに掲載されていますので、ご覧ください。
商工会では、帳簿の付け方から決算、申告の仕方まで丁寧にサポートしていますので、なんでもご相談ください。